犬が遠吠えするワケ

イヌが遠吠えする理由はなんだろう。

遠吠えというと野生のオオカミを思い浮かべる人も多いはず。

オオカミが仲間を集合させる時(主に狩り)に遠吠えすると考えられている。

一方、人間と生活している犬が仲間を集結させるために遠吠えしているとは考えにくい。

 

筆者宅では、トイプードルとチワワを飼っているが、遠吠えをしているのをほとんど見たことがない。

チワワが飼い始めのころ、少し遠吠えのような事をしているのを目撃したことがあるが、最近はめっきり。

二匹の性格は、

トイプードルは、人間大好きで甘えんぼうで落ち着きがない。

チワワは、常に警戒心がつよく、反射神経はイイ。

どちらかといえば、チワワの方が野性的だ。

 

子供のころに柴犬の雑種を飼っていたが、この犬は、よく遠吠えをしていた。サイレンなどにも呼応していたし、遠くのイヌが遠吠えしているのを聞いて呼応することもよくあった。

 

このように、犬の場合、遠吠えする犬と遠吠えしない犬がいるのだ。

 

感覚的には、遠吠えする犬は、野生的な印象を受ける。

犬の行動学においては、家畜化されたオオカミ(イヌ)が遠吠えする理由は、不明のままだ。

ただ、犬の場合も仲間を求めて(さみしい時や嬉しい時)に遠吠えするのだろうと推測されている。

サイレンなどに呼応する場合もある。米国動物愛護協会の説明によれば、大きな音を聞いた結果、周囲に注意を促したり、不安感により遠吠えをしているそうだ。

 

たしかに子供のころに飼っていた犬(雑種)は、屋外で飼っていた犬だったが、カミナリで遠吠えをしつづけ、ずぶ濡れになりながらずっと遠吠えするもんだから、カミナリがなっているときは、家の中に招き入れて落ち着かせていた。

 

遠吠えという行為自体は、野生で生活していたオオカミの遺伝子の名残かもしれないが、

さみしさ等を周囲に訴えているのだろうから、

遠吠えしているときは、そっと寄り添ってあげたい。


'犬が遠吠えするワケ' この記事のコメントはまだありません

最初のコメントを投稿してみましょう!

記事の感想をコメントしませんか?

Eメールは、投稿に表示されません