成長するヌメ革の首輪 エイジングとコバの関係

IMG_0636

 

 

革の職人達のこだわりが出るのがコバです。革の切り端をコバといい、革職人の数ほどその仕上げは千差万別なのです。

ヌメ革が美しく年を重ねてゆく(エイジングする)には強靭なコバの仕上げが欠かせません。

コバの仕上げが十分なされていない首輪は、犬のひっかき等により、時の経過とともにボロボロになり、見るに堪えない姿へと変貌してゆきます。

写真は、約5か月間犬につけっぱなしにしていたものです。昼夜、首回りを足で引っ掻く犬でしたが、コバの美しさは保たれ、新品のときよりも味わい深い艶やかな風合いになっています。ヌメ革は、時の経過とともに徐々に深い赤茶へと変色し、真鍮の金具は、アンティークな風合いへと変貌してゆきます。

サクラ犬具製作所では、5-6か月前より、コバの製作工程を倍(6工程)に増やし、よりつややかで強靭なコバを作るようになりました。写真の首輪は、その変更直後に製作したものになります。

『ヌメ革 + 真鍮無垢金具 + 強靭で美しいコバ』

この3つがそろって初めて、愛犬の成長ととも首輪が美しく成長(エイジング/経年変化)してゆくのです。

 

 

 

a88890

 


'成長するヌメ革の首輪 エイジングとコバの関係' この記事のコメントはまだありません

最初のコメントを投稿してみましょう!

記事の感想をコメントしませんか?

Eメールは、投稿に表示されません