Category: 犬の健康について

なんでドッグフードの好き嫌いがあるの?

  飼い犬が全然エサを食べてくれない。このような悩みを抱える飼い主は、少なくないはず。昨日までガツガツ食べていたエサが今日は食べない。散歩に行くと草ばかりをガツガツ食べているなんて犬もいる。   食欲と犬の体調は、表裏一体だ。何も食べず、体力がみるみる衰えていくのであれば、病気の可能性もある。この場合は、早めに受診し、獣医の判断をあおいだほうが懸命。   しかし、体調とは関係なく食べてくれないこともあるのだから、悩むのだ。   さて、犬の食事を見ているとガツガツ食べるときは、まるで丸のみしているのではいのかというくらい、一気に平らげてしまう事も珍しくない。   個体による差はもちろんあるのだが、はたして、イヌは本当に味わっているのか?という疑問が頭をよぎる。   実は、イヌは嗅覚によって好物の順位づけをしているのだ。味覚をつかさどる神経は、ヒトに比べおどろくほど少ない(約5分の1)。   一方、イヌは、ヒトの6000-20000倍ともいわれるの嗅覚をもつ。   この嗅覚が好物の順位づけに利用されている。イヌは、肉類を好む傾向にあり、同じ肉類でも生肉を好む傾向にあるようだ。       ここでさらなる疑問が頭をよぎる。「犬には味に対する概念がないのか?」   味覚とは、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。   イヌの味覚に関する研究はすすんでおり、この味覚のうち、イヌは、甘味に強く反応するという事が研究によりわかっている。   肉食に特化したネコ科の動物では甘味受容体を構成するT1R2を失い、糖に対する嗜好性を失っていることが知られている。しかし、イヌは、その甘味に強く反応するというのだから、興味深い。   自然界において、甘味は、炭水化物と関係していてるとされている。       肉食のオオカミを祖先に持つイヌがなぜ甘味を好むのか?   イヌが人間との共生により雑食化していった事と深いつながりがある。動物のエサに対する嗜好は、生まれたときに決まっている。これには、1980年台のマウスを使った実験が多くの事実を物語っている。羊水にリンゴ溶液を加え、リンゴ溶液を味わったマウスは、出生後もリンゴを好むようになった。犬の場合も、人間の食生活と同様の物を与えられる中で、甘味(炭水化物)に対する反応が助長されていったのだろう。   さらに、動物は、母乳の味を生涯の嗜好とするとされている。母乳や羊水は、母動物が食べたものに大きく影響され、結果、母動物の嗜好と似るというのだ。 そうか、母犬が好んで食べていたものを与えれば、食べてくれる!!       しかし、世の中そんなに甘くない。犬は、ペットショップから譲り受け、母犬のことなんて知る由もないという方がほとんどである。     あきらめないでほしい。他の研究ではこんなこともある。     イヌは、(ネオフィリア=新奇愛好)今まで食べたことのないエサにつよい興味をもつ傾向があるとされる。 その一方で、新しいものに強い警戒を示す場合もある。 解決策としては、今までのエサと同じ傾向にある違うもの。 なかなか、難しい事を言うようだけど、要は警戒させない程度に新鮮味のあるもの。たとえば、ササミのふりかけや、肉系の缶詰をまぜたりとか、香りを強調させるため、少しあたためたり等、いままでと少し違う事をすると、興味を持ちやすい。   結論 食べなくなったら、あの手この手で今までのエサに改良を加える。   雑感 ん~。なんとも贅沢な話ですが、人間とおなじですね。きっと野生のオオカミは、日々とれる獲物が違うでしょうから・・・  

犬ヨガDOGA 遂に飼い主と同じポーズをする犬まで

犬のヨガ「DOGA」をご存じだろうか? ヨガが心身のバランスを整え、リラックスした状態になれるのは、周知の事実だが。。。 「犬がヨガなんてやって意味あるのかい」って半信半疑の人は、この動画をみたら考えが変わるかもしれない。 ペットヨガの効能としては、噛み癖や吠え癖のある問題ある犬たちのストレスを取り除き、良い子にするんだそうな。 たしかに、このワンコの瞳は、純心そのもの。。。

犬に必要な栄養素を考えてみよう

犬に必要な栄養を理解する 犬が雑食であることを理解している飼い主は多い事でしょう。雑食といえども、本来犬の祖先は、肉食動物です。良くも悪くも人間とは違います。犬の身体をよく理解し、配慮した食事を与えましょう。完全にバランスのとれた食事は、良好な健康状態を維持するのに必ず役立つはずです。 基本的な6種類の栄養素 1.水 水が生命を維持しているといっても過言ではありません。体重の60-70%は、水によって構成されています。 ドッグフードからも水分を接種する事ができます。缶詰を与えている場合は、重量のうち8割弱の水分、乾燥フードの場合は、1割弱の水分です。 ドッグフードからの水分摂取には限りがある為、いつでも新鮮な水を飲める状態にしておくことが不可欠です。 2.たんぱく質 健康維持するために必要な『アミノ酸』をとれるのが、たんぱく質です。23種のアミノ酸がふくまれますが、そのうち犬が食物をとおして必須なアミノ酸は10です。残りのアミノ酸は、体内で合成する事ができます。犬にとって動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質より良質なたんぱくが含まれているとされています。 3.ミネラル ミネラルから直接エネルギーを得るというよりも、体の代謝に深く関与し、骨や歯を丈夫に保ち、健康や体のバランスを維持するのに役立つとされています。 4.脂肪 犬の皮膚や毛が健康に保たれる為に、非常に大切な栄養素となります。脂溶性ビタミンA、D、E、およびKを体内に運び込んでくれる働きもあります。 5.ビタミン 前述した脂溶性ビタミンのほかに水溶性ビタミンがあります。バランスの良い食事をとっていれば、必要なビタミンは、接種されるはずです。ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保ち、ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を促進し、ビタンミンEは、体内細胞膜の酸化防止に役立ちます。ビタミンKは、骨の形成に深く関わっています。脂溶性ビタミンの過剰摂取は、危険ですので、獣医師が推奨しない限りビタミン剤を与える必要性はないとされています。 6.炭水化物 炭水化物は、体内で糖質に変換されエネルギーとなります。近年、犬が炭水化物を多く摂取しすぎているのではないかと一部で懸念されるようになりました。その理由としては、短い消化管と口内でんぷん消化酵素がない事によって犬にとって負担が大きいとされるからです。ただ、問題ないとされる意見も目立ちます。子犬時期には炭水化物が必要な為、量を調整したうえで療育食として与える事がすすめられています。多くの研究から犬にとっては、動物性たんぱく質が消化しやすく優れている事がわかっていますので、炭水化物の摂取は、ほどほどに。 ワンちゃんにとって必要な栄養がなんとなく理解できたでしょうか? 病気を患っている場合などは、獣医師のサポートのもと適切な食事を与えてください。 まずは、犬の健康状態をしり、犬にとって最適なドックフード選びましょう!

世界一の長寿犬 長生きの秘密は・・・

  世界で一番長生きな犬って 何年生きているのだろう??? Wikipedia先生にきいたところ、なんと、最長29歳!!!!! 2013年に亡くなったMAX君(アメリカ)が世界一長生きしたワンコだそうで、 とってもよく寝る犬のようで、人間の食べ物は一切与えることは、なく、ドッグフード(Kibble'n Bits)しか与えなかったそうです。   ん!?     キブルンビッツ!!? もしかして、このドッグフードが長生きの秘訣なの? 調べてみると本当一般的なドッグフードのようです。アメリカでは、7.7キロで1500円くらい。普通の価格です。 日本のビタワンのような存在でしょうか・・・ まぁ、長生きの秘訣は、人間と同じですね。人間だって高級なステーキばかりを食べて病気にかかったら意味ないですからね。 結局長生きの秘訣は、バランスの良い食事 と 良い睡眠!

犬のにおい対策の秘訣。

犬のにおい対策で悩んでいる飼い主さんは、意外と多いようです。 室内犬は、共住空間をともに過ごす訳で、このような悩みから解放される事が望ましいのです。 ただ、意外ににおいの問題の根は、深く、 日常的なケアや管理が重要になってきます。 におい別に5のステップで管理方法をご紹介します。 におい対策その1. 「首輪」 首輪作っていて言うのもなんですが、首輪は、犬のにおいが染み込みやすく、 ケアに困って捨ててしまう方も多いようです。 ただ、においの原因が分かれば、対策もしやすいです。 私が首輪ににおいがついた時にやるのが、 天日干し、またはドライヤーです。 匂いの原因が細菌によるものが主なので、 温風ドライヤーを髪を乾かすような感じで4-5分あててあげるだけで、かなりにおいが軽減します。 天日干しも同様に殺菌効果が期待できます。 70-100度の熱を5-30分程度浴びただけで、かなり多くの菌が死滅するようです。 ただ、色のついている首輪は、若干の色あせなどでる場合もありますので、ご承知の上行ってください。 合皮の場合は、素材がとける場合もあるので、ドライヤーは、避けたほうがいいです。 それに対して、革は、素材にもよりますが、一般のドライヤー熱では、ほとんど問題ありません。 エナメルのようなビニールコーティングしている革は、熱に弱い場合もあります。 におい対策その2. 「口臭」 シャンプーなどマメに行っているにも関わらず、なぜか「臭い」ケースでは、この「口臭」が原因となる事が多いのです。 口臭の原因は、主に2つ「歯・歯茎」と「胃・内臓」からくるものです。 歯・歯茎から来る場合は、歯磨きが効果的です。 内臓系からくる口臭対策として餌の適切な管理がとても重要になってきます。 えさの与えすぎにより、消化に時間がかかると、食べた物は、体内で発酵しガスとなるのです。それが、気管を通じ口から出てきます。 餌の回数をわけて1回あたりを少なくしたり、1日あたりのえさの量を減らすなどして様子を見ましょう。 におい対策その3. 「シャンプー」 シャンプーをするのは、清潔な体を保つためにとても大切です。 最近では、低刺激・自然成分など、すこし回数多くシャンプーしても犬の体に負担をかけないものが多く販売されています。 シャンプーの回数を増やす場合は、自然成分を中心にえらぶなど、できる限り犬の皮膚に負担をかけないようにしましょう。 そして、シャンプー後は、温風ドライヤーで乾かしてください。 温風ドライヤーは、雑菌を抑えるのに役立ちます。 におい対策その4. 「肛門嚢」 肛門絞りというメニューがトリミングサロンにあるのをご存じの方も多いと思います。 犬の肛門には、分泌液をためる袋がついているのですが、 細菌感染や慢性的な下痢などで分泌駅が溜まりすぎたりすると匂いの原因となります。 また、ストレスなどによっても異常分泌が引き起こされることもあります。 定期的にサロンで熟練したトリマーに肛門絞りをしてもらうことが、清潔に保つ秘訣です。 におい対策その5. 「寝具・クッション」 意外と盲点なのが、犬の寝具・クッションなどです。 細菌性の匂いがおおいのですが、長い間、洗わずに交換しなかったりすると、 洗ってもにおいが落ちないなど、対策が取りずらくなる事もあります。 低刺激な洗剤で、定期的に洗濯(毎週)し、乾かした後は、アイロンやドライヤーなどで熱を加え、 5分くらい殺菌をしてあげると良いでしょう。 注意!!! 決して、ファブリーズなどの芳香剤を犬に振りかけるような事はしないでください。皮膚病などを引き起こす恐れもあります。 秘訣・肝臓のケア 肝臓のケアによって劇的ににおいが軽減したという体験談もあるようです。最近は犬のサプリも多く発売されておりますので、肝臓ケアのサプリなどもいいかもしれません。 歯磨きガム 口臭対策をしやすい歯磨きガムなどもあります。毎日の歯磨きが難しい場合などは、積極的に歯磨きガムなどを活用しましょう。 //
Follow us
13,573ファンいいね
5,336フォロワーフォロー
Instagram
Most Popular