Category: 誰でもできる首輪製作

100円ショップの材料で首輪つくってみました!!!

まず、今回つくった首輪は、コチラ!!!! 30KGのワンちゃんを想定して強力なやつをこしらえました。       実は、今回意外と苦戦してしまいました(汗) でも、とびきり強力なやつができたので、よかったと思います。 以下今回のレシピです。 まず材料は、こちら↓   ○ステッチテープ 25mm x 1m ○アルファベットスパンコール ○カナビラ3個セット   意外と簡単にできちゃいそうです。 し か し、 そうは、現実は、甘くありませんでした。。。   1. まず、何センチの首輪を作るか決定します。 今回は、1メートルのテープまるまる使います。 半分にしてエンド部分を織部分1センチ程度織り込むので、 テープの長さ実質約48-49cmになります。 カナビラは、幅2cm程度です。 48-49cm +2cmで仕上がりは、約50-51cmになります。     2. 今回も木工ボンド様の登場です。 強度を確保する為、半分に折って張り合わせる予定です。 まず、張り合わせる面、上下全体に木工ボンドを塗ります。 今回のアクリルテープは、どうやら吸い込みが激しいようなので、 シーリングとして、全体に塗った後、張り合わせずに乾燥させます。 今回は、半日程度 乾燥させました。     3. 乾燥したらこんな感じになりました。 これで、もういちど木工ボンドを塗っていきます。     4. カナビラが入る隙間部分 両端1-2cmくらいを除いて塗っていくのですが、 切れ端の部分は、1cm程度ずらしてます。   ↑↑こちらもボンドをあらかじめ塗っておいて乾燥させ、もう一度塗って接着させるといいです。 そして、手で押しながら良く接着をさせてます。 5. 端の部分は、縫製します。 手縫いで、これでもかっていうぐらい縫ってあげるといいと思います。 こんな感じに↓(ミシン使ってますが、手縫いでOKです)   しかし、 今回は、大型犬・・・・・   もう一度     いや、大型犬だし、 もっと・・・   ↑凄いです。10往復以上したと思います。かなり強力なはず・・・・   6. いい感じに仕上がりました。 しかし、これでは、カナビラが少し遊んでいます。    7. カナビラが遊ばないよう、 カナビラの脇を縫います。 (手縫いでOKです。)     8. カナビラの両脇を縫いしました。       9. カナビラ全部で3個ついてきたので、 1個は、首輪を繋げるのに、もう2個は、リードのナスカンを繋ぐ輪として使います。       10. 次に、アルファベットスパンコールを使用して、 ネームをつけます。 今回は手早く接着剤をつかいます。 手縫いで一個ずつ取り付けるのが一番理想ですが・・・ アクリルテープは、吸い込み激しいので、この接着剤をたっぷり目に塗って ひとつずつ付けました。       11. 完成です!!!     12. しかし、心配なのは、強度です。 100kgちかくある機械の足に、できた首輪を結びつけ、 当店の30kg耐えるリードを使用して、 体重70kgオーバーの私が、全身の体重をかけ、おもいっきり引っ張りました。     13.   そして、   結果は・・・・・ ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・     ほつれ含めて一切の破損は、ありませんでした。     //
Follow us
13,573ファンいいね
5,390フォロワーフォロー
Instagram
Most Popular