ブタ耳の犬おやつが感染源? 米国食品医薬品局がサルモネラ感染症との関係を調査

サルモネラ菌が付着した豚耳のペットおやつが、45人に感染したサルモネラ感染症発生の原因となっている可能性があり、FDAがサルモネラ感染症とブタ耳の関係を調査しています。

当局によると、調査した24人のうち、17人がブタ耳のおやつ、ブタ耳を食べた犬との接触があったと報告しています。

2019/7/3 米国ペット用品販売大手『Pet Supplies Plus』は、ブタ耳おやつのリコールを開始しました。バラ売りのブタ耳で、 包装済みのメーカー製ブタ耳は、この自主回収には含まれていません。

ミシガン州農業農村開発局によるテストの結果、いくつかの店舗でバラ売りのブタ耳製品がサルモネラ菌陽性であることが判明したそうです。

但し、45人の感染者が、Pet Supplies Plusで販売されていたブタ耳を購入していたかは、確認されておらず不明です。

米国のニュースですが、ペット用おやつが海外製であるケースは日本国内でも非常に多く、ペットフードはかなりグローバル化が進んでいます。今回リコール対象となった製品と同じサプライヤーが製造したブタ耳が日本へ入ってきていないかどうか、それともブタ耳自体にそのようなリスクがあるのか? 今後の調査結果が気になるところです。

SAKURA DOGWARE FACTORY
首輪つくり人がお送りするいろいろなペット情報

関連する記事

Comments

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Advertismentspot_img

Instagram

Most Popular