ペット誘拐増とマイクロチップ問題

コロナ禍において欧米を中心にペット需要が世界的に高まっている。 その陰で、飼育放棄やパピーミルなどの悲しい現実が増えている事も現実問題として憂慮すべき事態なのである。 英国では、ペット誘拐が深刻化しているという。 英政府は9月3日、イングランドで「ペットの誘拐」を新たな刑事犯罪として定める方針を明らかにした。イギリスでは新型コロナウイルス対策のロックダウンの最中、ペットの盗難事件が増加したという。 英政府、「ペット誘拐」を新たな刑事犯罪に コロナ禍で盗難増加 日本では、来年6月からマイクロチップ義務化になる。マイクロチップは飼育放棄などに対する強力な抑止力となる事を期待できる反面、個人情報の取り扱いに懸念がの残るのも事実である。マイクロチップに紐づく個人情報は、民間の企業や団体で管理される事となるのだが、今まで以上に厳重なセキュリティ管理をしないとデータベース侵害者の餌食やデータベースに関わる問題になりかねない。 海外では、ペットのマイクロチップ登録データ侵害が問題となる例も既にでており、問題となる事をさける為にも事前の対策を是非熟慮して行ってほしいと願う。 最近では、英国全土で900万人のマイクロチップによるペット情報を登録している団体Petlogが顧客データを失ったとして非難されているというニュースが記憶に新しい。登録情報に関係のない第三者の表示が出てきたり、登録が消えたという問題がSNSを中心に多数報告されている。Petlogは情報は安全だと説明する一方、すべてのユーザーに新しいアカウントの作成を要求し、作成する必要がある理由については一切説明していない。 この問題が起きた時期にロックダウン下における英国のペット誘拐が増えていった。偶然かもしれないが、マイクロチップ情報が消失しているのであれば、誘拐犯にとっては好都合だろう。 安全に安定したデータベース運営し個人情報を管理するにはそれなりに費用がかかる。余計なお世話かもしれないが、マイクロチップ一回のみの情報登録費用だけで運営されるのは心もとない。ITセキュリティに関わる事件は、年々増加傾向にあり、今後必要なセキュリティ予算も増加傾向を示す可能性がある。持続的運営が適切になされるように、情報管理システムの安全性を第三者が定期的に監査し、管理団体がその管理運営に必要な費用を継続的に捻出できるような仕組みづくりや法整備の検討も必要かもしれない。

サクラ犬具のレーザー加工はひと味違います!

10年近くレーザー加工の首輪製品を販売しておりますが、ここ最近になって『こちらのレーザー彫刻もすぐ消えますか?』と同様の質問を頂く事が多くなりました。 どうやら、簡易的なレーザー加工機で迷子札などを販売している事業者様が最近増えている為だとわかりました。安価なホビー用の簡易的レーザー加工機では、深く綺麗に彫刻する事は難しい為、そのような加工機で綺麗に彫刻するには焦げ目がつくくらいの浅い加工になります。 当製作所では、120wの高出力工業用レーザー加工機を採用し綺麗にしっかりとした彫刻ができます。 ※ホビー用は数W~20wくらい。名入れ加工などに用いられる工業用の主流は40-80wです。より綺麗な彫刻を実現する為にサクラ犬具製作所では、120wのハイエンドクラスレーザーで加工しています。※高出力で革にレーザー照射すると、とてつもない煙が出てきますので、ハイパワーのレーザー加工用脱臭集塵機も必要です。 写真は、首輪を加工しているレーザー加工機で切断彫刻した木製のコースターです。しっかりとした深さの彫刻と綺麗な切断面が確認できるかと思います。ある程度の出力と性能がないと難しい加工となります。 さらに当製作所で製作したレーザー彫刻おなまえ首輪は、コーティング加工をしており彫刻面を強化しています。レーザー加工に用いるヌメ革は、シミになりやすく、コーティング加工は長年のノウハウです。 もちろんヌメ革ですので、経年変化で色の濃さにより読みづらくなる事はありますが、レーザー加工によるしっかりとした凹凸がありますので、まったく読めなくなることはほとんどないかと思います。 サクラ犬具のレーザー加工はひと味違いますので、是非お試しください。 ■おなまえ首輪■

猛暑の散歩には細心の注意が必要

海外の記録的猛暑がニュースになっていますが、2021年の日本の夏にも注意! 梅雨が明け7月後半から8月は高気圧の勢力強まり広範囲の猛暑が予想されています。 快晴日和で喜ぶペットを目の前にいざ散歩したくなりますが、夏の季節におけるペットの安全を確保する為に、細心の注意が必要です。 日中40度を超える猛暑日になる可能性も考えられます。いつもどおりの散歩コースでも体温調節が苦手な犬にとっては、過酷な状況になる事も考えられます。夏は出来る限り直射日光下の散歩は避け、早朝や日が暮れ始めてからの散歩がおすすめです。 意外な盲点が『アスファルト』です。真夏のアスファルトは、60度以上を超える高温になることもあり肉球がやけどする事もあります。日中の気温が高いと、日が暮れて時間が経ってもアスファルトがまだ高温の場合がありますので、お散歩前に路面に実際手を付けるてみて確認してみてください。 日陰のない広場(ドッグラン)などで遊ばせる事も危険です。日中遊ばせる場合は、ペットが休憩できる日陰のある場所を選んで水を必ず容易してください。 車中の放置も危険です。車中は、あっという間に高温になり命の危険にさらされてしまいます。 https://blog.sakuradogware.com/?p=2481

ペットや動物がCOVID-19に感染した症例について

2月に紹介したCOVID-19における、ペットとの接し方に関する情報をお伝えした時には、ペットへの感染は報告されておりませんでしたが、新しいニュースがいくつかありますのでご紹介します。 https://blog.sakuradogware.com/?p=2610 日々、新型コロナウイルに関する情報が世界中で報告されていく中、ペットや動物への感染が確認されたケースがいくつか出てきています。 新型コロナ、犬への感染確認 香港患者のペット ペットの猫が新型コロナに感染 香港 トラが新型コロナウイルスに感染、ペット以外で初 科学誌サイエンスで発表された研究結果によると、感染しにくい動物として『犬、鶏、ブタ、カモ類』感染しやすい動物として『ネコ、フェレット』とし、ネコ間では飛沫感染をした。 フェレット、猫、犬、およびその他の家畜のSARSコロナウイルス2に対する感受性 -サイエンス誌 報告されている症例は、ごく少数の為、過度に恐れる必要はないかもしれませんが、新型コロナウイルスに関しては未だわからないことも多く、万が一の可能性や危険性を考慮した疾病予防の基本に則り人間同様の感染拡大防止策をもってペットと接する事が望ましいはずです。 CDCのガイドラインでは『感染時に世話しなければいけない時は、フェイスマスクを着用し、ふれあい、キス、舐めや食べ物の共有をさけるべき』と説明しています。 特にネコは、感受性が高いという研究結果も出ている為、大変苦しい時期ではありますが、ペットの為にも感染拡大防止を徹底するようみんなで力を合わせて努めましょう。

新型コロナウイルスがペットに移る可能性は? 2020/02/24更新

新型肺炎が急拡大し、日本国内でも感染症対策が急務となっております。 既知のコロナウイルスとして、6種類の人に感染するヒトコロナウイルス(HCoV)と犬コロナウイルス(CCoV)、猫コロナウイルス(FCoV)、猫感染性腹膜炎ウイルス(FIPV)が主に知られています。 ヒトコロナウイルスは、突然変異の起きやすいRNAウイルスの為、ヒト → ペットの間の感染が起きる可能性は否定できませんが、通常は種の壁を越えて感染する事はほとんどないと考えられています。 そして、今回広まっている新型コロナウイルス(2019-nCoV)の場合はどうなのか? 万が一、ペットの飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合の対処方法を米国福祉省のCDC(疾病予防管理センター)がいち早く公開しました。 病気の時はペットや他の動物を扱わないでください。2019-nCoVでペットや他の動物へ感染するという報告はありませんが、いくつかのタイプのコロナウイルスは動物に病気を引き起こし、動物と人の間で広がる可能性があります。本ウイルスに関してさらに詳しくわかるまでは、動物のとの接触をさけ、動物が近くにいる場合やペットの世話をしなければならない場合は、フェイスマスクを着用してください。 米国福祉省CDC より このウイルスに関して、分かっている事は非常に少なく、人や動物への影響も解明されていない部分が大きい為、万が一の可能性や危険性を考慮した疾病予防としての原則をするべきだという事だと思います。 ※2020/02/24更新 米国CDCは、ペットの取り扱いに関する情報を更新しました。現時点で、ペットに感染したという報告はされおらず、COVID-19に感染した場合は、引き続きペット接触を制限する事を奨励しています。感染時に世話しなければいけない時は、フェイスマスクを着用し、ふれあい、キス、舐めや食べ物の共有をさけるべきだと付け加えました。 今回のウイルスは、物の表面において平均4-5日間生存する可能性(最大9日間)が指摘されています。ウイルスの生存期間が長い為、ペットに感染していなくてもペットにウイルスが付着し運ぶ媒介になる可能性もありますので注意しましょう。 第三者が自分のペットと触れ合う時も十二分に注意が必要です。 感染を広げない為にもペットに触れる第三者、飼い主どちらかが、万が一感染者であった場合を考慮する必要があります。 大切なペットを守るには、まずは、飼い主が自身の身を守る必要があります。ヒト-ヒト感染においても、過小評価する報道も多くありますが、あとで後悔しない為にも、出来る限りの対策をしておきましょう。

18世紀には闘牛犬だった『ブルドッグ』大きな健康問題

体高31-40cm 体重 18-25kg 18世紀にイギリスで行われていた犬と牛を戦わせるブルベイティングという見世物をする為に使われた犬である。祖先にはマスティフ系の血筋を引くバンドッグと呼ばれる警備犬だったとされ、ローマ時代には、イギリスに口の大きな闘犬が存在していた事が知られている。 現代で知られているブルドッグは、極端に鼻が短く、足も短く、18世紀に闘犬として、活躍していたブルドッグとは似ても似つかない姿恰好となっている。これは、スタンダードに則った極端な解釈による交配の結果だとされている。 選択的交配の結果、性格も闘犬だったころとは、変わり穏やかで従順な性格となった。 その一方で、極端に短い鼻は、呼吸器障害を抱えている事が多く【短頭種起動症候群】とよばれ、遺伝病として命にもかかわる深刻な障害のケースが少なくない。 ブルドッグは股関節形成不全が多い。そして、その特徴的な体形から自然分娩による繁殖は難しく80%以上は、帝王切開による出産とされる。 ブルドッグは、食欲旺盛で太りやすく、毎日の運動は必須。適切な運動をしないと、肥満による心疾患、呼吸器疾患や関節疾患になりやすくなり、たるんだ皮膚は、清潔にしてあげないと皮膚病になりやすくなる。 2008年にドキュメンタリー『犬たちの悲鳴 ブリーディングが引き起こす遺伝病』がBBCで放送され、短頭種をはじめとする、極端なブリーディングが批判を浴び、イギリスのケンネルクラブは、極端な解釈にならないようスタンダードを改定(2009年)した。当時の報道によれば、その改定により、しわが少なく、口が長くなり、体高が高くなってより健康的な犬種規格になったようである。 全てのブルドッグが障害を抱えているわけではない。健全な犬については、様々な研究か行われており、ブルドッグは、より首が長く、鼻孔の大きな犬が呼吸しやすく好ましいとされる。
spot_img
Instagram

Most Popular

Latest Stories

感染力の強い『犬インフルエンザ』アメリカで広がる

あまり聞いたことがない犬インフルエンザ。じつは2015年からアメリカではニュースになっている。 先日、フロリダ、ジョージア(米国)のドッグショーの後に感染が拡大したと考えられている『犬インフルエンザH3N2型』は、2015年にアメリカに上陸し、2016年には、シカゴを中心に感染拡大の報告されたウィルスです。 今年(2017年)は、フロリダ州で流行が確認され、ジョージア州、サウスロライナ州、ノースカロライナ州へと広がりをみせている。 新しいウィルスで診断しても認知できない獣医も多いとされており、注目すべきは、非常に高い感染力をもっていると言うこと。米国政府当局によれば、犬から人へ感染する可能性は考えていないとしているが、猫への感染可能性について言及している。イヌはこのような新型犬インフルエンザに対する自然免疫を持っていない。ジョージア・カレッジ・オブ・ベタリナリー・メディスン大学の報告によると、罹患した犬の1-5%が死亡する可能性がある。 ウィルスは、クシャミや犬に触れた人を介して容易に移動する事が出来るため、注意が必要です。非常に強い感染力をもち、ウィルス生存時間は24-48時間とされる。 2007年に韓国で初めて感染が見つかったウィルスであり、2005-2006年に中国で発生し、その後、韓国とタイへ感染拡大したと考えられている。 日本への感染は確認されていないが、元々はアジア地域で流行しており、2015年のアメリカへの感染経路は、韓国からという指摘もあり、いつ日本へ上陸してもおかしくはない為、よく注意観察する必要がある。

犬にとってネコじゃらしが想像以上の脅威!?

11月3日、CBC NEWS(カナダ)に、「ネコじゃらし」に関する危険性についてのケーススタディ記事が掲載された。 ネコじゃらしといえば、多くの人が一番身近な雑草として慣れ親しんできた存在だろう。まさかと思ったが2016年5月にはアメリカのアニマルライツ(PETA)がアワ系植物の危険性についてYOUTUBE動画を公開していた。   どうやらアワ系植物の花につく針状の突起によって体内へ侵入し、重篤な症状を引き起こす恐れがあり、気管や肺、最悪の場合、脳内に到達する可能性も。エノコログサは、犬がよく食べてしまう雑草であると認識していたが、海外においては、エノコログサによる症例がかなりあるようなので、今後注意すべきかもしれません。   ただし、海外のネコじゃらし系の植物は、花の突起部分が日本のソレとはかなり異なる(危険度高そうな)ものが多いので額面通り受け取るわけにもいかないかも・・・。散歩中に洋服へ猛烈引っ付いてくる外来系のネコじゃらしを見かける事もたまにあるので、そのような場所には近づかないようにした方がいいかもしれません。

成長するヌメ革の首輪 エイジングとコバの関係

    革の職人達のこだわりが出るのがコバです。革の切り端をコバといい、革職人の数ほどその仕上げは千差万別なのです。 ヌメ革が美しく年を重ねてゆく(エイジングする)には強靭なコバの仕上げが欠かせません。 コバの仕上げが十分なされていない首輪は、犬のひっかき等により、時の経過とともにボロボロになり、見るに堪えない姿へと変貌してゆきます。 写真は、約5か月間犬につけっぱなしにしていたものです。昼夜、首回りを足で引っ掻く犬でしたが、コバの美しさは保たれ、新品のときよりも味わい深い艶やかな風合いになっています。ヌメ革は、時の経過とともに徐々に深い赤茶へと変色し、真鍮の金具は、アンティークな風合いへと変貌してゆきます。 サクラ犬具製作所では、5-6か月前より、コバの製作工程を倍(6工程)に増やし、よりつややかで強靭なコバを作るようになりました。写真の首輪は、その変更直後に製作したものになります。 『ヌメ革 + 真鍮無垢金具 + 強靭で美しいコバ』 この3つがそろって初めて、愛犬の成長ととも首輪が美しく成長(エイジング/経年変化)してゆくのです。        

ペットの防災対策を考える

熊本地震においても、多くの動物が被災したことは記憶に新しいところです。被災地では自治体や獣医師会などによって、動物救護本部等が設置され、教護活動が実施されました。 その一方で、避難所につれて行けず放されたり、取り残されたペットたちが多くいたのです。ボランティアや自治体、環境省による保護活動も行われましたが、飼い主不明のままシェルターにのこされたペットも多くいます。 先の震災では、『ペットと災害』という、近代社会における、課題が浮き彫りになり、過去の事例のみでは、対処しきれない事も多くありました。 9月1日は、防災の日です。 あらためて『ペットと災害』について考えてみたいと思います。 ■■災害への心得■■ 災害は、予期せぬ時に起こるものです。どんな状況下においても最善な行動ができるよう日頃からの準備が大切です。 災害時、飼い主とペットの同行避難が原則となります。しかし、避難施設によっては、アレルギーなどで、動物と接することができない人がいたり、無駄吠えなどにより、他者に迷惑がかかり、避難所へペットが同行できない可能性もあります。 親戚や友人など保護先を事前に確保しておくとよいでしょう。 避難施設では、無駄吠えやトイレマナーができない場合など、周囲から非常に嫌がられます。快く避難施設で受け入れてもらう為にも、無駄吠えやトイレマナーを日頃よりトレーニングしておきましょう。 ■■用意すべきもの■■ 『食糧 水 薬 ペット用食器』 被災した直後、すぐに救援物資がとどいたり、ペットに対する救護活動が行われるとは限りません。また、救援物資が不足しているような状況下においては、ペットにまで十分な食料と水が行き渡りません。災害直後においては、どうしても人間優先となってしまうのです。 避難施設に物資が到着するのに2-3日、人間優先になってしまうケースも考えると最低でも1週間程度は、用意しておいたほうが安心です。 フードは、いつものフードで問題ありません。ただ、一度袋を開けてしまうと酸化がすすんでしまいます。 備蓄用として、1週間程度の未開封フードと水と常備薬を用意しておくとよいでしょう。 消費期限を確認しながら、一定期間で、買い換えましょう。 エサ、水用の食器(ボウル)も用意しておきましょう。 『ケージ 養生テープ 毛布』 避難するときや避難施設では、基本的にはキャリータイプのケージの中にいれて置く必要があります。 普段からキャリーバッグに慣らしておくことが重要です。(ケージを小屋として使ったり、ケージの中でエサを上げるなど) おすすめは、プラスチックタイプのゆとりあるゲージです。避難中にケージが破損した場合にも養生テープにて補強することが出来ます。万が一衝撃などで、扉などがあいたり、ゲージが分解してしまうのを防ぐために、あらかじめ養生テープ補強するとよいでしょう。 東日本大震災では、避難施設内においてケージを毛布で覆う光景が見受けられました。 主にボランティアが用意した毛布を利用したものですが、飼い主が用意しておくとよいでしょう。 寒さ対策、臭い対策にもなりますし、犬は、暗くて狭い場所が大好きなんです。慣れない場所でパニックやストレスにならないよう、避難時初期段階から利用できるように用意しておきましょう。 『首輪 迷子札』 迷子札は、普段から必ず装着するようにしましょう。 東日本大震災では、多くの犬が様々な保護団体に保護されましたが、迷子札がつけられていない犬が多く、飼い主がみつからないケースが多くありました。 ぶら下げるタイプだと、何か引っかかってとれしまったり、噛み切ってしまう可能性も考えられますので、首輪と一体になっているタイプがおすすめです。 訓練されたペットであっても、災害時などはパニックに陥り逃げ出してしまう事もあります。また、災害は、飼い主が不在の時に起きる可能性があるという事も忘れてはいけません。 災害時にマイクロチップも有効とされております。ただ、保護する可能性のある施設や人すべてが、マイクロチップ読み取り装置を用意している訳ではありません。東日本大震災においては、震災発生直後は、行政が機能せず、県内に動物愛護センターもない状況で、一般の方がホデンティアで保護したケースも多くありました。マイクロチップを入れている場合でも迷子札は、必ずつけるようにしましょう。 『迷子用チラシ・ペットの写真』 迷子用チラシは、迷子になってから用意するものとは限りません。事前に準備することをおすすめします。愛犬の写真も迷子になったとき役だちます。 災害時は、容易にコピーや印刷などできない状況も考えられます。愛犬の写真を貼ったチラシを数枚用意しておくだけでも、迷子になったときやペット用シェルターにて保護された際に非常に役立ちます。 迷子用チラシのテンプレートをご用意しておりますので、ご自由にお使いください 『愛犬が迷子になったら(ページ下にPDFリンクがあります)』 『トイレシート マナー袋 ティッシュ ペット用オムツ』 普段から使用しているトイレシート・マナー袋(ウンチ袋)・ティッシュ・ペット用オムツを最低でも1週間分は用意しておきましょう。ペット用オムツは、ヒートや、ストレスなどで慣れない避難場所での粗相などに役立ちます。 『リード』 キャリーに入れて避難する際に忘れがちになってしまうリード。普段用と別に非常用リードとして持ち出し袋に入れておくとよいでしょう。 環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(PDF)

犬にエサが消えるマジックを披露した結果

エサが消えるマジックをウェラブルカメラGO PROで撮影したユニークな動画。 嗅覚が優れる犬がだまされるわけないと思い見始めたのですが、   意外な結果に・・・   大好物を消しちゃうなんてチョットヒドい、と思うのですが、探している姿が本当かわいい!!   犬もだまされちゃうマジシャンのテクニックは凄いと思います。

可愛すぎる犬『チャウチャウ』が攻撃的って本当なの?

  この愛くるしい小熊のような姿に癒される人は多いはずです。 1980年にはCM(日立のテレビ)に登場し、ご記憶の方も多いはず。ブルドッグのように潰れた顔で、ポメラニアンのような可愛さもあり、 角度によってはライオンのような勇ましい姿にも見える魅力いっぱいのワンちゃんです。 しかし、ペットショップでお目にかかることはまずありません。 一様に、チャウチャウは、しつけが難しく攻撃的であるという事で敬遠されているようなのです。   中国華北原産の犬種とされ、2000年以上前より存在していたといいます。 犬の原種であるオオカミにも非常に近い為、しつけが難しく攻撃的であると考えられています。   動物行動学者コンラート・ローレンツ(ノーベル賞受賞)の愛犬がチャウチャウであったことも有名です。 コンラート・ローレンツ曰く『一人の飼い主だけになつく犬』であり『オオカミのような性格』といいます。 コンラートに師事したEトルムラーは、犬の社会性に必要な前頭葉部分を収める骨格に言及し、 チャウチャウの場合、『平らで広い頭蓋骨』をもち馬鹿なのではなく、脳容積が少ない為に単純な性格であると推測しています。   前頭葉は、人間の場合『思考・判断』にかかわる指令的役割を担い、『我慢や報酬で鍛えられる』とされています。 しかし、野生に生きる動物の場合、思考判断や我慢や報酬を受け取る事にどれだけ大きな意味があるのでしょうか? 決してチャウチャウは覚えの悪い犬ではないようです。   チャウチャウは、良い意味でも悪い意味でも『野性的』   チャウチャウを飼う場合、ほかの犬とはまったく別の性格をもつものであることを意識したほうがよさそうです。 チャウチャウのしつけは一筋縄にはいきません。飼う前にチャウチャウの特性をよく理解し、覚悟が必要な犬であることは間違いなさそうです。   一般的に言われるチャウチャウの性質や特徴 ●無理やりしつけられることが嫌い ●綺麗好き ●寒さに強い ●番犬には最適 ●神経質 ●無駄吠えは少ない ●独立心旺盛 ●太りやすい ●触られることが苦手 ●人見知り ●警戒心が強い ●後ろ足が機敏じゃないため、後ろからの接近に警戒(視界が狭い説もあり) ●元闘犬 ●フレンドリーじゃない ●頑固 ●舌が青紫 ●遊ばない ●飼い主とのスキンシップは好きな子もいる ●足が弱い ●20-30kg ●飼い主への忠誠心がある      

保護犬ジミー 死ぬ前にやってあげたいことリスト

やせ細り迷子犬になっているところを米国インディアナ州にある保護施設Every Dog Counts Rescueに保護された『ジミー』。 保護された数日後、検査でジミーは末期がんである事が判明した。   この動画は、『死ぬまでにはやりたいことリスト 通称:バケツリスト』を施設の人たちがジミーのために作ったもの。   車でドライブし、、、、 アイスクリームも食べて、、、、 もっと、おいしいものを探してショッピングにも、、、 そして、王様のようにおいしいものを食べました。 さらには、TV番組にも   でも、   一番大切なことは、、、 ジミーにたくさんのお友達ができた事。   死ぬ間際の1週間は多くの人の愛をもらったそうです。   このような犬に対するバケツリストは、やらせ感や自己満足みたいなのも多くあまり好きではないのですが、 あまりにも愛情あふれるバケツリストでしたので、シェァさせて頂きました。   天国でもジミーがたくさんのお友達に愛されますように・・・      

シェバードとトラがご対面 はたして・・・

このジャーマンシェパード君 が ご対面した トラ、 実は偽物(人形)。 しかし、トラを敵対視するDNAが騒ぐのでしょうか ジャーマンシェパード君がトラに迫ろうしたその瞬間・・・・   はい。。。。完全にビビッております。   威風堂々のジャーマンシェパード君の繊細な部分が愛らしいです。

Follow us

13,573ファンいいね
5,499フォロワーフォロー

Don't Miss

Advertismentspot_img